クビレニスタ 効かない

MENU

クビレニスタが効かないのはどうして?

クビレニスタは、有名人やモデルの間で人気になりつつある女性用のショーツです。骨盤を矯正して下半身をすっきりと見せることが出来ることが特徴なのですが、このクビレニスタを使っていても効かないと感じている人が中にはいるようです。

 

せっかくお金を払ってクビレニスタを購入しているのに、効かないと感じてしまうのはちょっと残念ですよね。ここでは、クビレニスタに関することの中でも、クビレニスタを使っているのに効かないと感じている人達の原口コミや原因をご紹介していきます。

 

クビレニスタが効かないという口コミ

まずは、どんな人がクビレニスタを使っているのに効かないと感じているのか、実際に効かないと感じている人達の口コミをご紹介いたします。

購入して間もないのですが、全くどこに効いているのがさっぱり分かりません。体重も落ちないし、お腹も以前のままです。

出来るだけクビレニスタを付けようと頑張っているのですが、食べるとお腹が出てクビレニスタがきつくなってしまい、履いたり脱いだりを繰り返しています。私には合っていないのかもしれません。

 

このように、クビレニスタを使っているのに効かないと感じている人は、少なからずいるということがわかりました。

 

クビレニスタが効かない原因

では、このようにクビレニスタを着用しているのに効かないと感じている人達に共通する原因をご紹介いたします。

使用期間が短い

クビレニスタには、まずは即効性がないということを把握しておきましょう。確かにクビレニスタには着圧効果があるので履いていると締め付ける感じがあるのですが、数日締め付けた所で骨盤がすぐに矯正される訳ではありません。

 

また、骨盤の歪みというものは、普段の私達の姿勢のクセが大半なので、それを直すにはそれなりの時間がかかります。

 

クビレニスタを使って間もないのに効かないと感じている人は、数ヶ月クビレニスタを着用し続けてみることをおすすめします。

着用方法が間違っている

もう1つの原因としては、着用方法が間違っているということです。クビレニスタは締め付け間がほどよくあるので、確かにお腹いっぱいになってお腹が出ると苦しい場合があるかもしれませんし、慣れない間はその締め付けが違和感でいっぱいなこともあると思います。

 

しかし、そこで脱いでしまうと骨盤の歪みはいつまで経っても矯正されません。いきなり寝る前までしっかりと付けることが難しくても、1日10分ずつでも良いので、着用時間を延ばす努力をしてみることをおすすめします。

クビレニスタを使っても効かないというまとめ

クビレニスタを使っていても効かないという人に共通する原因としては、大きく分けて使用期間が短いということと、着用方法が間違っているということが挙げられました。

 

クビレニスタは即効性がないので、数ヶ月履かないと骨盤矯正は成功しません。また、1日の内、何度も脱いだり履いたりしていても効果が薄いので、少しずつでも長く履くことが出来るように努力することをオススメします。

 

>>クビレニスタの最安値はこちら